2018年11月14日水曜日

[AtmelStudio]クロックの設定

ATMEL SAMD21マイコンを使う上で必ず最初に設定しなければならないクロック設定。

USBホスト機能やUART回りを使うなら外部クリスタル発振子を使った方が断然よいので
今回は外部クロックを使用した場合の例です。

クロック設定例


まず最初に使うコンポーネントを追加します。
次にどのオシレータを使うか設定で、内臓8Mと外部32.768kHzのオシレータにチェック入れてから
内臓8MHzは400kHzに分周して、FDPLLで48MHzを生成します。

ソースクロックで入力するオシレータを選択していきます。
GCLK0は48MHz、GCLK3は400kHzを設定すればクロック設定終了です。


ちなみに内臓クロックの精度はこちら。
https://cdn-shop.adafruit.com/product-files/2772/atmel-42181-sam-d21_datasheet.pdf
Page972参照





コメントを投稿

Androider