2009年10月24日土曜日

Ubuntuでキーマクロ(UWSC)見たいな事をするツール

UWSCみたいな事をUbuntuでやりたい!という方にいいツールを発見。

xautomation - Control X from the command line, and find things on the screen

今回はその中のxteを利用して自動化を行います。
#というか自動化スクリプトを書く

man xteに細かいことは書いてありますが主に

xte 'key [KEY]'
xte 'keydown [KEY]'
xte 'keyup [KEY]'
xte 'mousemove [x座標] [y座標]'
xte 'mouseclick [ボタン]'

などで操作可能です。

KEYはA,B,Cなどの英字キーで、Shiftなどの特殊キーはおおむねそのままですが、
man xteの下の方にガイドがあります。

x,y座標は絵を描いたりGUIプログラミングした人ならわかると思いますが、
左上が[0,0]、解像度にもよりますが右下が[1280,1024]などとなります。
わからなければ xte 'mousemove 200 300' などとCLIで実行し、どこに
マウスカーソルが動くか確認しましょう。

mouseclickのボタンは数字のようで、1で左クリック3で右クリック、などとなります。

これらを組み合わせてスクリプトを作成します。

#!/bin/sh
xte 'mousemove 260 10'
xte 'mouseclick 1'
sleep 10
xte 'keydown Alt_L'
xte 'key D'
xte 'keyup Alt_L'
xte 'str http://'

参考元:
http://ameblo.jp/neetse/entry-10355492305.html
コメントを投稿

Androider