2017年10月1日日曜日

Unity入門:スクリプトの作成

Unity入門:スクリプト作成


前回はプロジェクト作成をやって
Unityでゲームを作る場合は3D空間に3Dモデルを並べるんだろうなって所まで書きました。

今回はそれらの3Dモデルに動きを付けるためのスクリプトの作成について書こうと思います。

ここからプログラムのコーディングが始まります。
デバッグはコンソール画面に出力させて、、など色んなプログラムで行ってきてるやり方と同じですね。
1つ違うとすればUnityというエンジンを使って動かしている点でしょうか。

あまりエンジン使ってるって意識せず気楽に考えた方がスクリプトの書き方に自由度が広がって分かりやすいかもしれません。

超絶まとめ
・コンソール画面を用意しておく
・3Dオブジェクトを設置
・スクリプトを新規作成する
・スクリプトを3DオブジェクトにD&Dする
・スクリプトをダブルクリックしてVisualStudioが開く
 そこに思う存分のコードを記述。


スクリプトの新規作成

コンソール画面の表示と3Dモデルにスクリプト挿入

コンソールに文字を出力する時は

 Debug.Log("~~");

になります。

次回は3Dオブジェクトを動かすコードを記述してみたいと思います。

コメントを投稿

Androider