2014年8月3日日曜日

Microfost Office (2010 / 2013)の試用期限をリセットする方法


①猶予期間のリセットには管理者権限が必要なので、
[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[コマンドプロンプト]を右クリックして、
[管理者として実行]を選択

②ライセンス認証フォルダに移動
>cd  ¥Program Files¥Common Files¥Microsoft Shared¥OfficeSoftwareProtectionPlatform

 Office2013の場合は、
  C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office15
③ライセンス猶予期限のリセット
>ospprearm.exe
と入力すると、
「Microsoft Office rearm successful.」等と表示される
この方法は5回まで可能。

イメージを取得するまで、Office アプリケーションを開いたり、ospp.vbs を実行したり
しないでください。KMS ホストを使用して Office 2010 のライセンス認証を行わない限り、
5 回まで猶予期限をリセットできます。猶予期限のリセット回数が足りなくなった場合は、
KMS ホストを使用してライセンス認証を行うことによって、猶予期限を 1 回リセットできます。

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc178964.aspx


こういったアプリは、アンインストールしたいのにレジストリか何か変更を加えたままにしてしまい、気持ち悪いので、完全アンインストールするアプリというのもある。
どんなソフトでも完全にアンインストールできるアプリ

コメントを投稿

Androider