2011年1月27日木曜日

mini2440で使うSDL設定

あー、見事にどつぼに嵌った。。
netsurf、libts、sdlの順にソース追いかけていったらタッチスクリーンを使う設定になってなかっただけであった。。

export TSLIB_TSDEVICE=/dev/input/event1
export SDL_MOUSEDEV=$TSLIB_TSDEVICE
export SDL_MOUSEDRV=TSLIB

SDLのマウスドライバオープン処理で上記パラメータをgetenvで見てるので
設定してあげないとタッチスクリーンのドライバを読み込んでくれないようだ。
Devの部分だけ注意してあとはそのままやればいけるはず。

パラメータの設定例を探してみたら見事同じ道ではまった人がいたようだった。
参考URL:http://www.friendlyarm.net/forum/topic/932

設定例:
/etc/profileを編集
mknod /dev/input/touchscreen0 c 13 65
export TSLIB_CALIBFILE=/etc/pointercal
export TSLIB_CONFFILE=/etc/ts.conf
export TSLIB_PLUGINDIR=/usr/lib/ts0
export TSLIB_FBDEVICE=/dev/fb0
export TSLIB_CONSOLEDEVICE=none
#export TSLIB_TSEVENTTYPE=INPUT
#export TSLIB_TSDEVICE=/dev/input/event1
export TSLIB_TSDEVICE=/dev/input/touchscreen0
export SDL_MOUSEDEV=$TSLIB_TSDEVICE
export SDL_MOUSEDRV=TSLIB

補足:
SDLライブラリ経由でTouchpanelを使用するときは、
SDLライブラリ自身がTouchPanel有効になっていないと使えません。
確実に使用可能なSDLライブラリを用意する為にソースコードからコンパイルしたほうがよい。
configureでlibtsが有効にならない時はlibts-devが入ってないので、入れておくこと。
apt-get install libts-dev

・Netsurf27を使う時は
ホームディレクトリに /.netsurf/Cookies
を作って、
framebuffer/gui.c
で初期GUIパラメータや画面サイズ、URLなどオリジナル設定を入れておく。

参照URL
---
http://ivis-mynikki.blogspot.com/2010/12/blog-post_19.html
コメントを投稿

Androider