2018年4月21日土曜日

レディプレイヤーワン良かった

 スピルバーグ作品といえばやっぱり「激突!」
激突はトラックが永遠と追いかけてきて、振り切ったかと思っても
「またあのトラックあるやん!」って
見てる側もハラハラドキドキさせてくれる作品だったことを思い出します。
あれから色々な作品を世にだして巨匠となりますが
2000年以降は低迷続きでもう大作は難しいのかなって思ってた矢先に出してきたSF作品。
彼の思い描いている強烈な映画感を色濃く出してきた上に
80年代からの有名作品全部入り!
いくら映画好きでも昔の作品はまったく知らないし、
そういうのをいろんなシーンに挿入されてても元ネタが分からないんだよねー
それって「ラ・ラ・ランド」もそうだったじゃん!という人でも
アクション好きであればOKですw
全部入りシリーズは大体は不作に終わるジンクスがあると個人的に思っていましたが
久々にぶっ飛ばしてきましたね。
コメントを投稿

Androider