2015年2月28日土曜日

Cordova(Phone Gap) for Visual Studio 2013 環境構築編

これからスマートフォンアプリ開発を始めようと思うと
Android, iOS, Windows, WP8,,, 様々な環境に合わせて開発環境を構築する必要がある。
XamarinだとC#を覚えればすべての端末向けのアプリが作れるようになるが、無料版だと制限が厳しい。


Cordovaとは?
 クロスプラットフォームで1つ書けば複数のOS上で動作するライブラリである。
開発環境はWEB上で開発できるPhoneGapBuilderやMonacaなども存在する。
仕組みはブラウザ上で動くHTML+Javascriptなアプリであって、ネイティブアプリではない。
でもアプリを起動するにはネイティブアプリである必要があるので、その部分は開発者が書く必要がなくて、はじめからブラウザだけを表示するアプリが用意されている。
vc

インストールが簡単。
プラグイン管理。
統合されたデバッグ機能。
1 回の記述であらゆる場所に配置。


そこでオープンソースで使えそうなものを探してみたらHTML5の技術を使ったCordova(PhoneGap)を見つけたので、早速開発環境を構築してみた。
構築する方法は、拡張機能をインストールするだけだが9GB以上の空き容量がないとインストールできないのでその点だけ注意しておくこと。 インストール完了後、試しにプロジェクトを作ってF5で実行するとChromeブラウザ上のエミュレータが立ち上がってすんなりいけた。 デバッグを優先して考えたとき、ローカルな統合環境で行ったほうが楽なので
開発環境はVisualStudioをオススメしておく。


Step1.


参考:

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn771545.aspx


コメントを投稿

Androider