2012年6月12日火曜日

debianにAndroid開発環境をインストールする

DebianでAndroid開発環境の構築方法をまとめた。
ここでやることは、
 ・Aptget経由でインストールするものは1つ、「JDK」
 ・ダウンロードするものは2つ、「Android SDK」「Eclipse」
 ・Eclipseの設定。
この3点。


○Javaのインストール&設定
 1.aptパッケージの設定。
  vi /etc/apt/sources.list
 
  「main」の後ろに「non-free」を加える。

 2.jdkインストール
  apt-get update
  apt-get install sun-java6-jdk

 3.gij→javaに切り替える。
  update-alternatives --config java  

○"Android SDK"のダウンロード
 http://developer.android.com/sdk/index.html

 vi .bashrc
  最後の行にパス設定を入れる。
 export PATH=${PATH}:/home/user/android-sdk-linux/platform-tools

○"Eclipse IDE for Java Developers"のダウンロード
 http://www.eclipse.org/downloads/
 
○Eclipseの設定
 http://developer.android.com/sdk/eclipse-adt.html#installing

 1.Eclipseを起動する。

 2.ADT Pluginの設定
  Help→Install New Software→Add「ADT Plugin、https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」
  で表示されたパッケージをインストール。
  もし、上記URLでエラーになるなら「http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/」で試してみること。

  インストール後再起動。

 3.Android SDKとリンクする。
 
  Android SDKの保存場所を選択。

 4.Android SDKから必要パッケージをダウンロード。
  もしSSL関係でエラーになった場合は、JAVAではなくGIJを使ってる可能性がある。
 
 5.Window→Show View→Other...→Android→Deviceを選択。これでUSB接続した実機一覧が表示される。
コメントを投稿

Androider