2011年5月27日金曜日

debian localeエラー

apt-get updateしたら次のようなエラーが出た。

perl: warning: Setting locale failed.    
perl: warning: Please check that your locale settings:
 LANGUAGE = (unset),
 LC_ALL = (unset),
 LANG = "ja_JP.UTF-8"
    are supported and installed on your system.
perl: warning: Falling back to the standard locale ("C").
locale: Cannot set LC_CTYPE to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_MESSAGES to default locale: No such file or directory
locale: Cannot set LC_ALL to default locale: No such file or directory

ベースがlennyで、squeeze(sid)へdist-upgradeした後、そのままの設定だったので
apt-get updateしたので、Wheezy(sid)のパッケージを見てしまったようだ。。
本当の原因は分からないままだけど、エラー文みて分かるとおり
locale設定が足りないだけなので、必要なパッケージをインストールした。

いつもの手順。
1.インストール
 apt-get install locales


2.設定
 dpkg-reconfigure locales

 選択した項目
ja_JP.UTF-8 UTF-8

 設定完了まで4,5分かかる。


3.確認
locale
---


問題のエラー文が表示されなくなっていれば成功。

ここで注意しなければならないのは、Sambaを使ってる時の文字コード。
EUC、UTF-8、SJIS、CP932、色々あるので環境に合わせること。
個人的設定は、
Linux周りはUTF-8で統一して
Windows系はCP932(SJISだと一部文字化けする)


参照URL
---
http://landisk.kororo.jp/diary/08_locale.php
http://gmt-24.net/archives/319
コメントを投稿

Androider