2011年3月1日火曜日

WinCEでUSBシリアル変換ケーブルを使う。

WinCEでUSB-シリアル変換ケーブルをできるようにするには、
変換ケーブルに使われているICチップが「PL2303」でないといけないようだ。
ドライバと必要なUSB-RS232C変換ケーブルをメモしておく。

追記:2011.04.04
より簡単な方法を見つけた。

秋月電商のUSBシリアルケーブルを使う場合(PL2303チップ)
http://www.prolific.com.tw/eng/downloads.asp?id=31

上記サイトからCABをダウンロード&インストールするだけでよい。
COMポート番号はCOMポート一覧の一番下に表示されるCOM**(MOC**は除く)になる。

WinCE6にて動作確認済み。


<旧手順>
↓↓↓上記ドライバ以外で行う場合↓↓↓

[手順]
 1.ドライバのダウンロードとケーブルを用意する。
 2.ドライバのインストールはDLLをWindowsフォルダにコピー。
   レジストリ設定ファイルがあれば、RegEditから設定ファイルのインポート。
 3.USB-シリアル変換ケーブルを挿す。
 4.RS232C設定アプリがあればアプリで設定する。


通信テストして動けばOK。

他の情報を探したい場合は、Googleの検索ワードで、「CE PL2303」など
「OS名とチップ名」を合わせて検索すると良くヒットしやすい気がする。



○ドライバ
 WindowsCE2.0以降(CDC ACM準拠のUSBモデムやPL2303、FTDI用のシリアルデバイスドライバ)
  http://z.apps.atjp.jp/ce/

 WinCE6.0用
  http://solarisintel.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/windows-ce6-pl2.html
  http://solarisintel.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/ce6232usbdll-44.html


○変換ケーブル
 PL2303系のチップ
  ・秋月電子 USBシリアル変換ケーブル
   http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-02746/
   http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-00720/

  ・エレコム UC-SGT
   http://www2.elecom.co.jp/cable/usb/uc-s/gt/




参考URL
http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/diy/USB_Serial_exchange/USB_Serial_exchange.htm
http://wiki.tomocha.net/Windows_Vista_USB-RS232C.html
コメントを投稿

Androider