2010年11月24日水曜日

Mini2440用Kernelコンパイル設定編

今までMenuConfigは公式BBSにアップされていたものを使っていたので、
どんな設定変更が加えられているのか分からなかったから、自分で最初から設定してみた。
やり方は公式バージョンのカーネルソースからmenuconfig開いて1つずつチェックする方法で結構大変。

主な設定はざっとこんな感じ。
・SDHCサポート
・CPU可変クロック設定を有効
・USBデバイスサポートの追加(USBカメラなど)
・組み込み用の小さいカーネル設定を有効
・ハングした時やUSB挿されたり?したときのログ出力を有効
・不要な機能(ラジオやキャプチャーボードなど)を無効

上の2つ以外の設定は好みで変えてもよさそうな気がした。

そしてデフォルト設定から変えたものリスト
・General setup
 Configure standard kernel features (for small systems):[*]

・Enable the black layer
 Supprt for large(2TB+) block devices and files:[ ]

・Kernel Features
 Use kernel mem{cpy,set}() for {copt_to,clear}_user():[*]

・CPU Power Management
 CPU Freqency scaling:[*]
 'powersave' governor:[M]
 'userspace' governor:[M]
 'ondemand' cpufreq policy governor:[M]
 'conservative' cpqfreq governor:[M]
 CPUfreq driver for Samsung S3C24XX series CPUs:[*]
 Support CPUfreq changing of PLL frequency:[*]
 Debug CPUfreq Samsung driver core:[*]
 
・System Type(CPU Power Managementを設定してから開く)
 S3C2440/S3C2442 CPU Frequency scaling support:[*]

・Device Drivers
 Hardware Monitoring support:[ ]
 Generic Thermal sysfs driver:[ ]
 Multifunction device drivers:[ ]
 ・Mulrimedia support:[M]
  Video For Linux:[M]
  Customize analog and hybrid tuner modules to build:[ ]
 ・Video capture adapters
  Autoselect pertinent:[*]
  V4L USB devices
   USB Video Class (UVC):[M]
 ・Radio Adaprts:[ ]
 ・Graphics support
  Direct Rendering Manager:[M]
 ・Special HID drivers
  全部チェック外し
 ・USB support
  USB device filesystem:[ ]
  SanDisk SDDR-09:[ ]
  SanDisk SDDR-55:[ ]
  Lexar Jumpshot Compact Flash Reader:[ ]
  Olympus MAUSB-10/Fuji DPC-R1 support
  ・USB Gadget Support
   Audio Gadget:[M]
   MIDI Gadget:[M]
   Printer Gadget:[M]
   USB Webcam Gadget:[M]
  ・MMC/SD/SDIO card support
   SDHCI support on the platform specific bus:[*]
   SDHCI support on Samsung S3C SoC
   SDHCI DMA support on S3C SDHCI
・Kernel hacking
 Detect Hard and Soft Lockups[*]
 Detect Hung Tasks:[*]
 Verbose BUG() reporting (adds 70K):[ ]

1つ1つ設定を追いかけていったらKernelの仕組みがほんのり味わえた気がした。
コメントを投稿

Androider